2015/11/05 12:57

簡単に一夢工房の焼き物ができるまでを簡単に紹介したいと思います。

ロクロで形を作ります。そして数日乾燥させたのちに高台(器の底)を削りだします。
高台ができたら乾燥させる訳ですが、10日から1ヶ月ほど自然乾燥にかかります。
自然乾燥がおわったら素焼きをします。温度950度で1日焼き、2日ほど冷えるのをまって窯から取り出しします。
その後絵付けをして、釉薬(焼き物表面のガラスのような層になります・釉薬の種類で焼き物の色も変わります)をかけます。
釉薬を施した後、1日以上乾燥させて本焼きにはいります。
温度1250度で約1日窯が冷えるのに3日ほどかかります。
窯から焼き物を取り出したのち、高台を研磨して完成です。
お問い合わせで名入れなどのご相談も多数いただきますが、そういう訳で納品まで約1ヶ月かかってしまうのです。
手作りの温かみある焼き物のためには、何一つ作業工程を減らす訳にはいかないので、ご了承ください。